離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

こんにちは、社労士の本多です。

 

今回は、複数回にわたり、

ズバリ、従業員のやる気を引き出すための方法を

お伝えしようと思います。

 

従業員には大きく分けると、

“生活をするための収入を得るため”の人 と

“仕事を通じて自己実現を図りたい”人 とがいます。

 

もちろん自分の仕事が好きな仕事であれば、

誰であってもやる気が上がるのは自然なことです。

 

しかし、そう恵まれている人は少ないでしょう。

 

特に言えるのは、

前者の “生活をするための収入を得るため”の人の場合

 

働いて、昼がくれば、「あとは午後だけ」

金曜がくれば、「とりあえず今日で今週も終わり」と

とにかく仕事から早く解放されるという気持ちで、

毎日とりあえず働く。

 

このような考え方で就業している人は、

生産性を上げることからは、かけはなれた状態ですよね。

 

ここで、まずやるべきことはそのような従業員に、

根気強く、気づきを与えることです。

 

どんな仕事でも、どんな業種でも、

興味を引く部分や楽しい部分はあるはずです。

 

そして、それに気づくきっかけを与えてやるということです。

 

それにはどうしたらいいと思いますか?

少し考えてみて下さい。

 

次回はその解決策を考えてみたいと思います。