離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

こんにちは本多です。

 

 

調子がいいときには、

ひらめきがコンスタントに出ていても、

調子がいまひとつのときはそうはいきませんよね。

 

 

どうしても、新しいアイデアをひねり出したいとき、

どうするか?

 

 

一応方法があるんです。

 

意識的にアイデアを出す方法が、

 

それは、限界を超えさせるということです、

 

どういうことかと言うと、

自分の頭に負荷をかけます。

 

例えば、どんなくだらなくてもいいので、

アイデアを50以上出す、と決めます。

 

始めの10個くらいはそれなりに出てきますが、

そのうち出てこなくなります。

 

でも、あきらめずに

こじつけでもいいので、50個出るまで頑張ります。

 

ようやく50間近になると、頭が固くなって

思考がストップしてる感覚を感じるかもしれませんが、

そこからが勝負です。

 

とにかく50個超してください。

 

超した段階で、一息ついて眺めて下さい。

 

必ずそこには、奇抜で斬新なアイデアが含まれています。

 

おそらく、気取っていたり、常識にとらわれたりしてるうちは、

限られた数しか出ない、

それも見覚えのあるアイデア、

しかし、ある一定の量を超した段階で、、

常識にとらわれず自由な発想に変わるんでしょうね。

 

いずれにしろ、すぐにでもアイデアをしぼりだしたいときに、

この方法は有効です。

疲れますが(笑)