離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

前回に引き続いて
産前産後休業期間中の保険料免除について
お伝えしていきます。

 

手続きの前に、
ひとつ疑問に持ちやすい部分を
一点確認をしたいと思います。

 

まず産前産後ということについて
あらためて考えてみましょう。

 

簡単にまとめると
産前休暇は6週間(多胎妊娠は14週間)
産後休業は8週間です。

 

この産前休暇は労働者の請求が前提です。
逆に言うと、
休暇の請求をせず働くこともできます。

 

そうした場合、
この産前期間は労働した場合、
休暇をとっていないので、
保険料は免除となりません。

 

産後に関しては、
休暇をとる義務があるので
もちろん保険料は免除となります。

 

産前産後期間ではなく
産前産後”休業”期間である
ということです。

 

なかには、休業していている間に
給料が払われる事業所もあるでしょう。

 

この場合も
労働者が休業しているかどうかで、
判断するので、保険料は免除となります。

 

お役にたったでしょうか。

 

今回もお読みくださりありがとうございました。