離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

こんにちは、社労士の本多です。

あなたは採用面接のとき、応募者に対しどのような質問していますか?

 

目的をもって質問しているでしょうか?

 

ありきたりの通り一遍の質問をして、

相手がそれに答える。

そして、そのときの印象だけで判断してはないでしょうか。

 

 

その判断では、採用者の中に一定の割合で、

問題従業員も入ってきてしまいます。

 

それを防止するためにも

質問事項は目的をもって聴く必要があります。

最近の応募者は面談における質問に慣れています。

 

おそらく、彼らからは良い印象を与える答えが返ってくるでしょう。

 

そこで、

「よし、まあ問題なさそうだな」とすぐ決めないことです。

少しでも早く採用を決めたい気持ちはわかりますが、

一呼吸おいてください。

 

 

具体的な対策としては、履歴書や職歴書に書かれている、

職歴を一つ一つ確認してください。

 

さらに、働いていない空白期間があれば、

その間何をしていたのかも確認してください。

 

最後に、「ここに書かれているのはすべててですね。」と確認しましょう。

 

問題従業員は不採用にならないように、

離職理由や職歴を改ざんするケースがあります。

 

そして、入社したらそこで本当の顔が出てきます。

 

それは困りますよね。

 

それを防止するためにも、

採用のときに確認をとっておけば、

もし、履歴書や職歴書に書かれていたことが、事実と異なっていたり

改ざんが発覚したときに、責任追及が可能になります。

 

是非、取り入れて見てください。