離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

こんにちは本多です。

 

従業員に意見を求めるとき、

あなたはどんなときに聞いてますか?

 

会議中に、一人一人意見を言ってもらってますか?

 

それとも一人一人面談して聞き出していますか?

 

なぜかというと、

タイプ別に意見を求めるタイミングをかえないと、

誤った意見をその人の意見だと捉えてしまう可能性があるからです。

 

 

タイプを簡単に区分すると、

集団会議で意見を言いたいタイプ

1対1の他人に気兼ねない状況で本音を語るタイプ

 

大きく分けてこの2つがあります。

 

一つ目は、

他人の意見をアレンジしたり、

他人や自分の意見をまとめあげたり、

人前でズバリすごい!と思われたいという気持ちから、

頭をフル回転させ、

奇抜なアイデアや思いつかないような意見をいう傾向にあります。

 

もう一つは、

人の目が気になったり、

自分の意見を言おうにも、

自分の意見が少数意見と知ると、

発言を控えたり、

他の人たちの批判を恐れてあえて意見を言わないので、

個人の面談のように安心して本音を聞き出す状態にすれば、

優れた意見や、おもしろい意見が聞けたりします。

 

従って、両方取り入れるのが一番いいのですが、

なかなか時間がかかる話しなので、

前者は会議でうまく聞きだし、

後者は個人で話す時間をもつのがベストでしょう。