離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

こんにちは本多です。

 

今回は、休憩時間についてお話ししたいと思います。

 

休憩時間とは、

6時間を超えたら、45分以上

8時間を超えたら、1時間以上

 

与える必要があるということはご存知だと思います。

 

実はさらに決まりがあります、

それは、

就業時間の途中に与える必要があるということなんです。

 

ですので、休憩を取らず、

その代わり休憩時間分早く退社する!という使い方はできません。

 

確かに、休憩時間をとることにより、

気分転換がはかられ、確かに効率はアップします。

 

私の周りの方でも仕事が出来る人ほど、

仕事モードとプライベートモードを

きちんと分けているという印象がありますね。

 

やはり、英気を養う意味でも

休憩はしっかりと取らせた方がいいかもしれません。