離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

こんにちは本多です。

 

 

 

全体をまとめる責任のあるポジションの方に多い悩み。

 

私も非常に共感し、最近よく聞くことのひとつに、

 

 

自分だけが知っている仕事を増やし

他人に教える地位を確保し続ける為

他人には決して教えず

かたくなに自分だけの知識とする従業員がいます。

 

そして、このような従業員により

会社にとって、大きなマイナスが発生します。

 

新人が育たない

そして、新人がつぶれる

よって、新人が続かない

 

会社にとってはほんとに大きなマイナスです。

 

このように従業員全体で共有することをせず、

自分だけの知識とすることにより、

全体的な時間的ロスも発生します。

 

 

会社は皆で協力して発展させるもの、

自分だけ知っている状態にするのはどうでしょうか。

 

経営者や経営者と同等の責任ある方は、

本当に頭がいたい話しだと思います。

 

新人も簡単に辞めない根気が必要ですが、

このような新しい人材をダメにしてしまう従業員も変えていく必要があるでしょう。