離職率を下げる社労士|本多永享社会保険労務士事務所

千葉県習志野市の本多永享社会保険労務士事務所です。社労士業務はもちろん!社員の仕事観やビジネス能力を明らかにする「グローアップ適性検査」はお勧めです!

お問い合わせフォーム プライバシーポリシー

こんにちは本多です。

最近、マイナンバーについてのご相談を良く受けます。

 

あらためて、順を追ってブログに書いていこうと思います。

 

その前に、直近で大きな変更点がありましたのでお伝えします。

それは、源泉徴収票についてです。

10月2日に改正がありました。

 

簡単に言いますと、

従業員に渡す源泉徴収票には個人番号を付さないで渡す。

ことになりました。

 

それまでは、源泉徴収票を渡すのが1度目であれば、

個人番号を付した源泉徴収票を渡すことになっていました。

 

従って、今後は税務署に提出する源泉徴収票のみに個人番号を付すということです。

 

おそらく、住宅を借りるときに収入を証明する書類として、

源泉徴収票を提出したりしますが、

その源泉徴収票に個人番号が入っていると

個人番号の漏えいにつながるし、

受け取った側も利用目的外の取得となり違反となってしまうからでしょう。

 

<参考>

マイナンバーの利用制限

会社は、個人番号(マイナンバー)を記載した書面を

行政機関等に提出する場面でのみ、利用できる。

具体的には、源泉徴収票、支払調書、報告書、社会保険分野の書類などを作成するときである。

たとえ、本人の同意を得たとしても、上記の限られたケース以外は第三者提供をしてはならない。

 

まずは押さえておいてください。

 

<当事務所のはじめのご相談は無料です。>

取得の仕方から管理、そして廃棄の仕方、

また、個人情報の管理簿による管理の仕方まで、

分かるようで分かりづらい部分まで、詳しくアドバイスさせて頂いております。

 

また、管理簿については、様式が任意なため、

複雑すぎず、最低限の項目を組み入れたものを作成いたしました。

※通知カードも10月から11月にかけて、

 各市町村から世帯ごとに住民票の住所地に簡易書留で送られてきます。
 従業員をはじめ、取引先等から問い合わせの連絡がきてからでは遅いです。
 少しでも不安だな、と思われているのなら一度ご相談下さい!
 連絡先:047-455-3772 まで、ご連絡お待ちしております。

 

こんにちは本多です。

 

自社の強みについて、あなたは答えられますか?

 

当事務所の業務のひとつに給与計算があるのですが、

実は、今回あらためて当事務所の業務の中でも、

給与計算は強いということがわかりました。

 

 

確かに、以前会計事務所でも給与計算を行っていたことから、

社会保険にかぎらず全体の動きが正確にわかるのです。

 

今回、経営者仲間からの依頼で、

今までの給与計算結果について少し不安だから、

確認してほしいとの依頼でした。

 

 

詳細は、企業情報であることからお伝えできませんが、

簡単に言うと、誤りが何カ所にもわたる状態でした。

 

数年前から、会社は余計な負担をしており、

その金額は結構な額にのぼっていました。

 

すぐ気づいたわたしは、

即、改善を施すようにアドバイスをしました。

 

気づかずにこのままいっていたとしたら・・・

正直恐ろしくなりました。

 

給与計算は、お金に直結することなので、

尚の事です。

 

また、もしも間違え続きだと、従業員の不信感にもつながります。

 

本人は社長のことを信じて、給与明細をじっくり見なくても、

今では、家族の方たち、例えば奥さんや親が見ているケースもあり、

おかしいと思うと、退職を促したりするケースもあります。

 

ようやく戦力となった従業員も、

そうした形で失いたくはないですよね。

 

今一度、給与計算があっているか、あらためて確認することをお勧めします。

 

もし、気にはなるが、確認する時間がない、ということであれば、

 

当事務所で診断致します。

 

診断料は9,800円(税込)となります。

お電話お待ちしております。

 

※サービス内容から、申し訳ございませんが関東地方の事業所様のみの対応とさせていただきます。

 

連絡先:047-455-3772

 

こんにちは本多です。

 

さいきん、朝方はとても冷え込みますね、

ホントさむい・・・

体調をくずさないようにいきましょう!

 

今回は、理念についてです。

 

思いが本物であれば、

熱を帯びます

熱の帯び方が強ければ強いほど、

周りを引き寄せます。

 

要は、その理念に共感する者が集まるというわけです。

 

なぜこの話をするかというと、

理念が明確にある人は、

周りがほっとかないということです。

 

ほっとかないというのは、

いい意味で、その人の思いに共感し、

協力したくなるということです。

 

このように、出来るコミュニティは

とても大きな力を生み出すでしょう。

 

今は、コミュニティが特に必要な時代かも知れません。

 

また、会社も同じだと思います。

 

社長の理念が強ければ強いほど、

思いが本物であればあるほど、

従業員も利害を超えて、その社長のために動き出すでしょう。

そのためにも、経営者たる者は、

どんな時であっても、ブレナイ理念を持つことをお勧めします。

 

一度、事業を始めた時の初心に戻り、

思い出してみて下さい、

あらためて力が湧いてくるかもしれませんよ!

 

こんにちは本多です。

 

立派な人は、

今までの生い立ちをを聞いてみると、

必ず一度は、大きな困難を乗り越えている、

という印象です。

 

普通の人なら、逃げ出してしまったり、

放り出すだろうそのときに、

ピンチは自分を高めるチャンスとばかり、

真っ向から立ち向かいます。

 

 

素晴らしい業績には、

やはり血のにじむような努力、精神力、自分を信じる気持ちが

あったのだなあと感じます。

 

 

運が良いだけでは、それなりの人物にはなれない、

というのが自論です。

 

必ず、大きな壁を乗り越えている経験があります。

 

それが自信となり、後の自分を助けるのだと思います。

 

最近、壁にぶつかると、

すぐにあきらめたり、

ついてないと運のせいにしたり、

人の事をうらんだりして、

その出来事から目をそらし逃げる人が多いとききます、

是非逃げずに真っ向から立ち向かってみて下さい。

 

それが、転機となり成功者の第一歩となるかもしれません。

 

大変なことが目の前に来たら、

深呼吸して、その事実を受け入れ、

そこから逃げずに最大限の努力をしてみよう。

きっと一皮むけた、自分に会えるはず。

 

 

こんにちは本多です。

 

あなたは情報収集にどのくらいの時間をかけてますか?

 

 

わたしも、新聞、WEBニュース、業界紙、雑誌

そして、メルマガなど多岐に渡って情報収集しています。

 

 

ただし、時間は限られます。

新聞をまともに読んだらそれなりに時間がかかるし、

雑誌だってそうです。

 

 

時間が無限にあるなら、

記事すべてに目をとおしたいところですが、

やはり、忙しい経営者たる身分だとそうもいきませんよね。

 

 

いままでは、ななめ読みから興味ある記事を見つけ出し、

その記事を読んでいましたが、

その記事だけでも相当量にのぼります。

 

 

そこで、対策としては、情報を得る入口をしぼり込み、

さらに情報源も絞り込む必要があります。

 

特にメルマガです。

 

今までは、タイトルで読むか読まないかを決めていましたが、

現在は、差出人で決めています。

 

こうすると、かなり絞り込みがきいていいと思います。

 

 

何気なくだらだらと読んでしまうのではなく、

是非、限られた時間内で、

自分が納得する記事だけを選び、

情報収集をしてくださいね。

 

 

こんにちは本多です。

 

従業員に意見を求めるとき、

あなたはどんなときに聞いてますか?

 

会議中に、一人一人意見を言ってもらってますか?

 

それとも一人一人面談して聞き出していますか?

 

なぜかというと、

タイプ別に意見を求めるタイミングをかえないと、

誤った意見をその人の意見だと捉えてしまう可能性があるからです。

 

 

タイプを簡単に区分すると、

集団会議で意見を言いたいタイプ

1対1の他人に気兼ねない状況で本音を語るタイプ

 

大きく分けてこの2つがあります。

 

一つ目は、

他人の意見をアレンジしたり、

他人や自分の意見をまとめあげたり、

人前でズバリすごい!と思われたいという気持ちから、

頭をフル回転させ、

奇抜なアイデアや思いつかないような意見をいう傾向にあります。

 

もう一つは、

人の目が気になったり、

自分の意見を言おうにも、

自分の意見が少数意見と知ると、

発言を控えたり、

他の人たちの批判を恐れてあえて意見を言わないので、

個人の面談のように安心して本音を聞き出す状態にすれば、

優れた意見や、おもしろい意見が聞けたりします。

 

従って、両方取り入れるのが一番いいのですが、

なかなか時間がかかる話しなので、

前者は会議でうまく聞きだし、

後者は個人で話す時間をもつのがベストでしょう。

 

こんにちは本多です。

 

今日は風が強かったですね。

 

風が強いと体感温度も低くなるので、

いつもより寒く感じました。

 

こんなときこそ、温かい飲み物!

魔法瓶にいれて常に飲めるように、

持ち歩くか迷っています・・・(笑)

 

今回は時給についてです。

時給といっても、経営者としての時給です。

 

友人の知り合いの話がきっかけでした。

 

この知り合いの方をDさんとします。

 

Dさんは非常にフットワークが軽く、

従業員が単純作業の仕事に追われていたら、

すぐに手を差し伸べ手伝います。

 

コピー作業から郵送作業まで

従業員と肩を並べて取り組むといいます。

 

そのはなしを聞いて、

いい人なんだろうなあと思うと同時に、

経営者としては危ういとも思いました。

 

なぜなら、仕事は、誰でも出来る仕事 

経営者たる仕事 の二つがあるからです。

 

 

誰でも出来る仕事は従業員に任せ、

 

今後の経営方針や新しいサービスの構想、業界の動向調査など、

経営者にしか出来ない仕事に注力すべきだと感じました。

 

 

考えて頂きたいのが、

年収が1千2百万円の経営者であれば、

 

時給は約5800円となり、

時給が1000円台の従業員と同様の仕事に充てるのは

とても釣り合わない事がわかります。

 

 

そうすると必然的に、Dさんが成すべき事としては、

会社として重要である経営判断や組織体制を確個たるものとする

というように、力を入れるべきところに時間を割くべきだと感じました。

 

自分の時給を意識すれば、自ずとやるべき事が決まってくるのではないでしょうか。

 

こんにちは本多です。

 

 

スケジュールに単純にやるべき事を

書き込んでいると、

その量に圧倒され気持ちがへこみがちです。

 

 

今ではパソコンなどを活用して

スケジュール管理をされている人も

いらっしゃるでしょう。

 

 

どんな方法であれ、

やるべき仕事を処理した都度

横線を引くととても充実感が得られますよね。

 

 

その日のやるべき事が

すべて横線で引かれていると

なんとも言えない達成感が湧いてきます。

 

これって大事ですよね、

なんでもそうですが、

頑張ったら、

お疲れ!の一言を聞くと疲れがふっとぶのと一緒で、

この方法、

素朴な方法ながら効果があります。

 

あと一本で全て完了という状態が結構好きだったりします(笑)

 

あなたも、ちょっとした楽しみや充実感を得る方法を取り入れてみて下さいね。

 

こんにちは本多です。

 

 

久しぶりに机の中を整理をしました。

 

 

そうしたら、数年前に書かれたメモが出て、

それを見て驚きました。

 

 

そこには・・・

 

 

そのメモを取り上げてまさに今読んでいる

自分に対するメッセージでした。

 

内容はありきたりかもしれません

でも、とても励まされました、

未来の自分を思って真剣に書いたのでしょう

 

それが、すごく心に響くんです。

 

 

また、時間が出来たら

5年後位の自分に真剣にメッセージを書こうと思います。

 

 

自分が自分に対して送るメッセージは、

ある意味一番信頼できるメッセージかもしれません。